Welcome

インフォメーション

2020-08-01 08:00:00

令和コロナ禍に蘇る 江戸のコレラを封じた「預言獣ヨゲンノトリ」。7月下旬に発売予定/定価1000円(税別)コミック絵本

やまなし発!令和コロナ禍の中に蘇る 江戸のコレラを封じた厄除け預言獣『ヨゲンノトリ』、いよいよ発売されます。

B5判 オールカラー 28P 定価1100円((税込) 著:たかのまさひろ 発行元:協立コミュニケーションズ

 


2020-07-12 15:57:00
やまなし発!「ヨゲンノトリ ・チャレンジ」プロジェクト始動しました。

「ヨゲンノトリ チャレンジ

150年前の江戸時代、日本で疫病コレラが流行しました。

疫病感染に困惑する中で、厄除け預言獣「ヨゲンノトリ」共に「甲斐国」の先人たちは疫病コレラ乗り越えました

令和のコロナ禍中いま私たちができること「ヨゲンノトリ」でつながりましょう!

「厄除け退散!!ヨゲンノトリ」の情報発信並びに募集しています。

ヨゲンノトリの詳細は、山梨県博物館➡ URL: www.museum.pref.yamanashi.jp/

 


2020-07-12 15:40:00
yogennotoribooktopcover.jpg

やまなし発!令和コロナ禍の中で、江戸のコレラを封じた「厄除け預言獣ヨゲンノトリの絵本を7月下旬に発売します。 定価1000円(税別)

私たちにとって、これまで経験したことのないコロナ禍の中、150年前の江戸時代に疫病コレラが流行しました。

当時の疫病コレラの様子を市川村(現山梨市)の村役人・喜左衛門が「暴瀉病(ぼうしゃびょう)流行日記」(1858年)に記していました。

その日記の中に、頭が2つある伝説の預言獣「ヨゲンノトリ」の絵が描かれています。

各地で疫病が拡散する混乱の中で、先人たちは疫病をどう乗り越えていったのか…。

※この絵本は史実に基づき創作フィクションです。

※なお、「ヨゲンノトリ」は山梨県立博物館が命名しました。

 


1 2 3