Welcome

インフォメーション

2021-10-29 11:45:00
弊社の新刊『祈りーあーちゃんは九十歳』小川 美代子 ・ 松下 佐智子 (共著)が10月25日に発売されました。
弊社の新刊『祈りーあーちゃんは九十歳』小川 美代子 ・ 松下 佐智子 (共著) 定価¥1,320(税込)が10月25日に発売されました。
amazonサイト検索→https://www.amazon.co.jp/dp/4910663355/
本書は、小川美代子(雅号・小川美峰)さんが、『木』と向き合いながら制作した鎌倉彫や仏像彫刻を通して、「感謝」と「喜び」の自分史を綴った作品です。
2021年、91歳になられた現在も持ち前の「闊達さ」と素敵な笑顔には、穏やかな気分になり、また学ばされています。 傘寿を機に作品集を刊行された前著に詠まれた句をご紹介させて頂きます。
幼き日 私を育みし ふる里の山河 今も変わらず 「生家裏の里山にて」
「出版社コメント」より

2021-10-21 17:32:00
10/21 弊社から新刊が発売されました!住吉克明著『神とつながる 魔法の呼吸カフェ』
弊社から新刊がAmazonサイトにて発売されました! 住吉克明著『神とつながる 魔法の呼吸カフェ』  A5判・137p・定価1,210円(税込価格) AmazonサイトURL:https://www.amazon.co.jp/dp/4910663363 著作の住吉さんが、23年間の教員・公務員の仕事を辞め、東京に出て講演活動を始めたばかりの50歳代の時に「末期ガン」として診断された。 自らが「気を病むこと」の解決への早道として、「魔法の呼吸」という呼吸法を生み出し・実践することで、ガンからの痛みを克服する。 その後16年間にわたり、「魔法の呼吸」を広める活動をしている。 未だコロナ渦中で「不安だらけの毎日を、『魔法の呼吸』で乗り越えて行ってください」と著者は綴る! 著者:住吉克明さんの略歴 1952年生まれ。23年間、長野県内の教員を勤めた後、1998年 父親研究所として執筆・講演活動を始める。 著書に「父親大恐慌」(総合法令)、「ケア父さんと太陽母さん」(評言社)、「魔法の呼吸」(新日本文芸協会)他多数。 2017年 太陽女性研究所設立。2021年 「魔法の呼吸カフェ」をスタートさせる。

2021-09-26 13:44:00
POD出版・新刊のお知らせ 山田十士子著『漢字と私』ー森羅万象編 4巻が発売!
POD出版・新刊のお知らせです。
  山田十士子著『漢字と私』ー森羅万象編 全4巻が発売!
amazonサイト検索→https://www.amazon.co.jp/dp/4991170060/
著者の山田 十士子さんは、1943(昭和18)年山梨県生まれ。
山梨県立韮崎高等学校、山梨英和大学人間文化学部卒業。公立保育園を定年後に大学で学び、高校日本語講師を勤めます。
「漢字と私」と題して、常用漢字(2136個)の偏と旁の解説と共に、その漢字に纏わる思い出・所感を書き留めました。

2021-09-23 18:38:00
弊社発行の『心の里には愛がある』桜まゆみ著が、長野県の各新聞社に記事掲載されました!
弊社発行の『心の里には愛がある』桜まゆみ著が、長野県の各新聞社様(長野新報・諏訪市民新聞)に掲載されました! 各社に、取材を頂きありがとうございました。 ECサイト大手「amazon」他、長野県諏訪地方のお取り扱い書店様(平安堂・笠原書店・今井書店)で販売中! A5判・139ページ・税込価格1320円。 【アマゾンで検索】→https://www.amazon.co.jp/dp/4991170095/

2021-09-12 06:15:00
柿澤宏仁著『新装版 毒を摂ってはいけない』が発行されました!
柿澤宏仁著『新装版 毒を摂ってはいけない』 2021/8/21発行 定価¥1,430(税込価格) amazonにて検索⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4991170079/     2021年5月に【改訂版】が発行されてから僅か3ケ月、販売好評につき、【新装版】として発行されました。 バージョンアップした情報は、巻末に付録された『植物を育てる太陽と地球のメカニズム』の図です。 本文内容で重要な「生態系を乱さず、環境への負荷を最小限に抑えた有機農業(フィールド農法)」のメカニズムが、 より分かりやすく図解されています。 柿澤 宏仁(かきざわ こうじ) 氏の略歴: 柿澤オーガニックファーム / フィールド総合研究所の代表。 1937年(昭和12年)5月13日、茅野市北山の農家に生まれる。 (有)大和工業【現セイコーエプソン(株)】に入社。 1993年(平成5年)、セイコーエプソン(株)を定年退職後に、 完全無農薬・有機栽培による「生態系を乱さず、環境への負荷を最小限に抑えた有機農業【フィールド農法】を始める。 「食と農」を中心とした、環境、教育、健康に関する講演活動や、田畑の見学会等々を開催している。

1 2 3 4 5 6